1. ホーム
  2. 仮想通貨比較
  3. ≫リップルとライトコインはどちらの将来性に投資すべきか

リップルとライトコインはどちらの将来性に投資すべきか

ビットコインの次として期待されている仮想通貨が、リップル(XRP)とライトコイン(LTC)。
時価総額2位のリップル(XRP)と時価総額7位のライトコイン(LTC)、どちらに投資するべきか悩んでいる人も多いと思います。

どちらの通貨もビットコインにはない特徴があるので、将来性を見極めて投資をすることとが大切。

リップルとライトコインの両方に投資できるのが「GMOコイン」です。

 

リップルについて

リップルは日本や韓国で非常に人気の高い仮想通貨の一つ。

2017年前半に1円以下だった金額が、2017年12月には300円を超える金額になりました。

その後仮想通貨全体の相場が極端に下がってしまったため、2018年2月は100円前後の価格になっています。

 

リップルの特徴

リップルはコスト削減や即時決済のメリットを活かし銀行の送金の採用されるために作られた仮想通貨。

すでに世界の主要銀行や中央銀行と提携をしており、他の仮想通貨に比べ一歩前進をしています。

また、世界大手の送金会社のマネーグラムやアメックスなどのクレジットカード会社とも提携をしており、一部の会社ではすでにリップルを使用しているところもあるようです。

関連記事>>>【随時更新】リップル(XRP)世界での最新ニュース時系列まとめ

 

ライトコインはビットコインよりも高性能な仮想通貨

2011年に誕生をしたライトコイン。

時価総額7位と海外の人気は高いですが、日本ではリップルやイーサリアムに比べてイマイチ人気がないようです。

しかし、アメリカでは非常に人気が高く、1000万人のユーザーがいるコインベースで活発に取引がされています。

コインベースでは2017年12月まで取扱い仮想通貨がビットコイン、イーサリアム、ライトコインの3種類しかなかったことがライトコイン人気の一つです。

 

ライトコインは価格が上昇している

ライトコインは2017年頭に450円くらいだった金額が6千円ほどになりました。

着実に価格が上昇をしている仮想通貨の一つです。

 

ライトコインについて

ライトコインの創業者はグーグルの元社員で、アメリカの大手仮想通貨取引所コインベースで働いていました。

その関係でコインベースはライトコインを取扱ったとされています。

ライトコインはビットコインと同じプルーフオブワーク(POW)というアルゴリズムを採用していますか、ライトコインはビットコインよりも環境に優しいGPUマイニングをすることができます。

ライトコインはビットコインよりもブロックを作る速度が速く、ビットコインは10分程度かかるのに対してライトコインは2分30秒ほどの短時間で処理をすることが可能です。

GPUでのマイニングやブロック作成時間が短いライトコインは、ビットコインより機能性が高く実用的な仮想通貨です。

 

ライトコインの懸念点

ライトコインの懸念材料としては開発者のリー氏が、保有しているすべてのライトコインを売却したので、市場では開発者がライトコインを捨てたという認識が広がっていました。

リー氏は反論として「私が保有をしているとライトコインのポジションが多くなるから、利害を考えずに開発したい」と説明しました。

また、今後どのように展開をしていくのがイマイチ見えにくい点もあるので、今後の方向性については注目をしておく必要があります。

 

ライトコインのニュース

2017年12月にライトコイン決済ができるライトペイを発表し、ライトコインの価格は高騰。

同じ仮想通貨決済では既にビットコインとビットコインキャッシュ決済ができるBitpayがありますが、現状大きな広がりはあまりみせていません。

ライトコインはビットコインよりも短時間で決済ができる仮想通貨なので、Bitpayよりも浸透する可能性もあります。

 

リップルとライトコインはどちらに投資をした方がいいか

リップルとライトコインは用途が違い、比較対象としてはむずかしいかもしれませんが、どちらも投資対象としても面白い通貨だと思います。

将来性がある通貨に全て投資したり、リップルとライトコインで投資額を半分にして分散投資がオススメ。

 

リップルとライトコインどちらも投資できるのがGMOコイン

仮想通貨取引所によって取扱い仮想通貨の種類がことなるため、リップルとライトコインの取扱いがあるGMOコインに登録をする必要があります。

GMOコインは仮想通貨取引所としては珍しい上場企業のGMOグループ会社のGMOコインです。

GMOコイン公式サイトを見る

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。