1. ホーム
  2. リップルのはじめ方
  3. ≫仮想通貨を始めるなら投資金額と損切りのルールだけは決めたほうがいい理由

仮想通貨を始めるなら投資金額と損切りのルールだけは決めたほうがいい理由

「仮想通貨投資を始めるけど、みんなどれくらいの金額を投資しているの?」
「仮想通貨の価格がもっと下がると思って売ったら価格が上がってる…」

あなたは仮想通貨投資の「投資金額」と「損切り」のルールを決めてますか?
もし、投資金額や損切りルールを決めていなかったらヤバイですよ…

じつは、わたしは仮想通貨の投資金額と損切りのルールを決めないで仮想通貨投資を始めて、資産の8割を失ってしまいました。

「今買わないと損!」という意見に流され、投資をしないと損をするという気持ちから投資金額をドンドン増やしてしまいました。
その結果は皆さんの想像通り価格が下落し、大きく損を出したんです…

仮想通貨相場というのは一筋縄でいかない相手と戦っているのと一緒です。
この教訓があるからこそ、仮想通貨投資には投資金額と損切りのルールを決めることが必要だと感じました。

なぜなら、人間はルールを決めていれば、感情に流されることがなくなるからです。
しかし逆に言えば、そのルールが決まっていないと感情に流されてしまうんです。

この「感情」というのが、投資の世界ではマイナスに働くことが多いです…

仮想通貨投資ではルールが大事

仮想通貨投資ではルールが大事

ルールが定まっていないと、仕事中でも仮想通貨相場を気にしたり、寝ているときですら不安でストレスがたまるはず。ちなみに、わたしがそうでした…

しかし、このページにたどりついたあなたなら大丈夫。
このページには仮想通貨の投資金額の決め方と損切りのルールを解説しています。

ルールをしっかり守れば、たとえ大幅に下落をしても損を最小限に抑えることができます。
仮想通貨で利益を多く上げる人は「損失は最小限、利益は最大限」ということをルールで投資をしているからです。

それでは、仮想通貨投資の投資額の決め方を解説していきますね。

仮想通貨の投資額は人によって大きく違う

仮想通貨の投資金額は当たり前ですが、人によって大きく違います。
たとえば、年収300万円の人と年収1000万の人とでは、家賃も食費など大きく違うはずです。
だからこそ、投資金額の決め方も一人ひとり違うのは当たり前ですよね。

もちろん、年収だけではなく、子供がいたり貯金額やローン状況などさまざまなことがらで変わってきます。
最初に考えることは、毎月の固定費や生活費と預金額を確認するとです。

 

毎月の固定費や生活費と預金額を調べて投資金額を決める

仮想通貨の投資金額の決め方は、毎月の固定費や生活費と、今ある預金を把握する必要があります。
以下は主な固定費の一覧になっているので、参考にしてみてください。

【主な固定費や生活費】
・家賃(住宅ローン含む)
・食費
・携帯代
・インターネット代
・保険代
・教育費 など

仮想通貨の投資金額は、固定費と生活費を確認する

仮想通貨の投資金額は、固定費と生活費を確認する

 

そして次に、今ある預金額を確認します。

今ある預金が、急な出費が発生しても問題ないと思える金額なら、固定費を除いた金額の【30%前後】は投資に回してもいいと思います。
しかし、預金が急な出費に対応できない金額だった場合は、投資金額を固定費を除いた金額の【10~20%】ほどに抑えたほうがいいです。

なぜなら、仮想通貨投資は投資した金額を大きく減らす可能性があるからです。
極端にいえば、0になってもいい投資金額で始めたほうが、精神的なダメージも少なくすみます。

次に投資スタイルについて解説をしていきますね。

 

積立投資か一括投資、どちらで仮想通貨投資を始めるべきか

毎月一定額を積み立てる「積立投資」、一括で大きな金額を購入する「一括投資」があります。
どちらもメリット・デメリットがあるので、あなたの性格に合ったものを選びましょう。

積立投資のメリット

積立投資なら毎月一定額を投資することになるので、急激な価格変化に強い投資方法といわれています。
株式投資では「ドルコスト平均法」とも言われるテクニックです。

参考リンク>>ドルコスト平均法

価格が上昇すれば利益も増えますが、価格が下がったら購入口数が増えるという考え方ができます。
毎月購入する金額さえ決めてしまえば、あとは何も考えずに積立を行うだけなので、面倒なことを考える必要がなくなります

 

積立投資のデメリット

積立投資開始から右肩上がりで価格が上昇した場合、一括購入よりも利益は少なくなります。

また、少額で投資をしていくと、価格が上昇しても利益額も大きく増えることはありません。

 

一括投資のメリット

預金に余裕がある場合は一括投資をしてもいいと思います。
その理由は、一括投資なら一度投資をしてしまえば、損切りのポイントまで保有しておけばいいからです。

また、暴落したタイミングで購入できれば、利益をあげられる確率が高くなります。

 

一括投資のデメリット

高値で一括購入をしてしまうと、取り戻すまでに長期間かかる場合があります。
そのため、一括購入は購入する「タイミング」が大事です。

とくに価格の上昇相場では「今の値段では買えなくなるかも」という心理がはたらくので、上昇相場で仮想通貨を購入すると失敗する可能性が非常に高くなります。
だからこそ、一括投資の場合は大きく価格が下落した時に投資を行うことが大切です。

ただ、価格が下落するタイミングというのは、いつ訪れるのかがわからないので、一向に投資ができずモヤモヤすることもあります。
しかし、そんな時でもガマンをして、ルール通りに投資をするようにしましょう。

 

仮想通貨の損切りについての考え

損切りとは、仮想通貨価格が自分の許容できない価格に下落してしまい売却することをいいます。
損切りもルールが決められていないことで損をしたり、利益を取り逃がす可能性があります。

仮想通貨の損切りについて

たとえば、早めに損切りをしてしまって、損切りの後に価格が上昇するということも少なくありません。
また、損切りが遅く下落がドンドン進んでしまい、大きく損失を出してしまうことも。

このように損切りが早すぎても、遅すぎても損をしてしまうことがあります。
そのため、自分が許容できる範囲の下落になったら、売却するルールを決めたほうがいいです。

そのためには、仮想通貨投資では「短期的に利益をだす」のか「長期的に利益をだす」のかで損切りのルールが変わってきます。

この損切りのルールは、あなたの資産状況や投資する仮想通貨の将来性による部分は大きいです。
そのため、損切りのルールも一人ひとり違うので、あなたに合った損切りのルールを以下に参考に作ってみてくださいね。

 

短期的に利益を出したい場合

短期的に利益を出したい場合、大きな損を避けるために下落率が大きくなる前に損切りをします。

しかし、仮想通貨は価格変動が大きいため、20%の下落で損切りをしてしまうのは利益を逃してしまう可能性があります。

そのため、自分の許容範囲内で問題ありませんが、購入金額の30%よりも下がったら、損切りをするというルールを決めてもいいと思います。

 

長期的に利益を出したい場合

長期的にみれば倍になるだろうと思い、仮想通貨に投資をする人もいるでしょう。
その場合、短期的投資の損切りのタイミングは50~70%くらいを設定している人が多いようです。

仮想通貨の種類にもよりますが、短期投資よりも下落幅を大きくとるようにしましょう。
仮想通貨相場は短期的に下落をしても、長期的に価格上昇する傾向があります。

投資金額と損切りの2つのルールさえ決めてしまえば、損失を最小限に抑えることができます。

ここまでくれば、自分の正確に合わせた投資方法やルール作りもわかってきたと思います。
つぎは、投資スタイルに合わせたオススメの取引所を紹介します。

 

 

投資スタイルに合わせた取引所選び

自動積立投資をするならZaif(ザイフ)

国内の大手取引所のZaif(ザイフ)では、以下の仮想通貨の自動積立投資が可能

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ネム
  • モナコイン
ザイフ

ザイフ

ビットコインキャッシュ、リップルやライトコインなどのアルトコインが無いこと少しマイナスポイントです。

ただ、ザイフなら決められたタイミングで自動的に銀行口座からお金を引き下ろして、指定したコインの買い付けを行ってくれます。
全自動なので毎月投資をすることなく、忘れずに投資を行えるメリットがあります。

ただ、投資金額に応じて積立手数料がかかるので、少額の積立投資の場合、1万円以上から始めることがオススメ。
ゆとりがある人は3万円以上から投資をすると、手数料分有利に仮想通貨を購入することができます。

手数料も2%と安く感じるかもしれませんが、長期的に見れば大きな金額です。
そのため、2千円の投資なら3千円、9千円なら1万円に引き上げて投資をして、少しでも手数料を減らしましょう。

 

【積立手数料】

積立金額手数料
1千円〜2千円一律100円
3千円〜9千円3.5%
1万円〜2万9千円2.5%
3万〜4万9千円2.0%
5万円以上1.5%

ザイフメリット

  • 投資金額1,000円の少額で積立投資が可能
  • 自動で指定した仮想通貨を購入してくれるので手間がかからない
  • 大きな損失は出にくい

 

ザイフのデメリット

  • 積立手数料がかかる
  • 自分で買う日は指定できない
  • 大きく利益を上げることは難しい
  • 投資できる仮想通貨が4種類しかない

ザイフ公式サイト

 

一括投資をするならGMOコイン

一括投資をするならGMOコインがオススメです。
GMOコインなら以下の仮想通貨に投資をすることができます。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
GMOコイン

GMOコイン

主要な仮想通貨はGMOコインですべて揃っています。
また、GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社なので、セキュリティ重視ならGMOコインがオススメです。

 

GMOコインのメリット

  • 自分で投資するタイミングを決められる
  • 入出金手数料、仮想通貨の取引手数料が無料
  • 大きな利益をだせる可能性がある
  • 1000円以下の少額でも始められる

 

GMOコインのデメリット

  • 自分で投資を行わなう必要がある
  • タイミングを間違えると大きく損をする可能性がある

 

取引所も決めることができたら、最後はどのくらい利益がでたら仮想通貨を売却するのかということです。

GMOコイン公式サイトを見る

 

仮想通貨はどのくらい価格が上がったら利益確定(売却)をするのか

多くの人は、仮想通貨投資で利益をあげるために投資をしていると思います。
そのため、仮想通貨を日本円など、実際に使える法定通貨に交換することがゴールです。

この利益確定は最初に投資する段階で、いくらまで金額が上昇したら売却するというルールも決めておきましょう。

たとえば、リップルを200円で購入したから、1,000円になったら売却をする、と決めておくとメリットがあります。
そのメリットとは、短期的に大きな下落もあまり気にせず仮想通貨投資ができます。

また、利益を想定しておくことで、支払う税金についても把握が可能だからです。

 

利益確定をして20万円以上の利益がでたら確定申告が必要

仮想通貨の売却利益が20万円以上の場合、確定申告をする必要があります。
また、仮想通貨同士を交換しても、その差額で利益が20万円以上出ていても、確定申告は必要なんです。
そのため、サラリーマンや主婦、学生でも確定申告漏れがないように注意してくださいね。

また、4000万円以上の利益が出た場合55%の税金がかかってしまいまうので、利益確定する金額を毎年ズラすなど、節税をした方がいいケースもあります。

税金や節税については以下のリンクで解説をしているので、参考にしてみてくださいね。

>>【税金】仮想通貨投資は利益が出ても会社や税務署にバレないって本当?

 

中級者向けのレバレッジ取引について

名前は聞いたことがあるかもしれないレバレッジ取引。
FXでは一般的な機能なので、FXをやったことがある人は知っていると思います。
レバレッジ取引にはメリットとデメリットがあり、基本的には中級者以上の機能だと思ってください。

レバレッジ取引のメリット

預けたお金以上に取引できる

レバレッジ取引とは、預けた金額以上の金額で仮想通貨の売買ができる方法です。
国内の仮想通貨取引所では5倍〜10倍ほどのレバレッジをきかせた取引が可能。
少ない金額でもレバレッジ取引をすることで、大きな金額を動かすことができます。

たとえば、取引所に1万円を入れている場合、レバレッジ10倍だと10万円分の取引が可能。
レバレッジ取引には「ロスカット」と呼ばれる機能がついていて、一定金額の変動があると損が大きくならないよう自動で仮想通貨を手放すようになっています。

 

売りから取引できる

現物売買の仮想通貨だと、実際に仮想通貨を保有することができますが、レバレッジ取引は売りから取引が可能。
そのため、通常の現物売買では価格が上がったときにしか利益がでませんが、レバレッジ取引なら価格が下るタイミングでも利益をだせます。

 

レバレッジ取引のデメリット

長期保有には向いていない

一定金額の変動がある場合、自動で手放すことになるので長期保有には向いていません。
そのため、短期的に利益を出したい人に向いている取引方法です。

また、仮想通貨は365日24時間取引が可能なため、寝ている間や仕事をしている間に大きな価格変動が合った場合、対応ができないことも起きてきます。

 

手数料がかかる

どの仮想通貨取引所でも1日「0.04%」ほどの手数料がかかるため、長期の取引は避けましょう。
レバレッジ取引は基本的に短期売買という認識でいれば問題ないです。

 

マイナスになる可能性がある

少ない金額で大きな金額を動かして大きな利益が出すことができるということは、逆に大きな損失を出す可能性もあるということです。

そのため、初心者は通常の現物で買いから取引をすることをオススメします。

 

取引所は複数登録しておくことでリスクを分散できる

仮想通貨取引所は1つの取引所だけを使用していると、ハッキングなどで資産を失ってしまうリスクがあります。
そのため、なるべく複数の取引所に登録をしておいて、資産をそれぞれの取引所に分けて預けておくことでリスクを減らすことができます。

以下は、オススメの仮想通貨取引所ですべて無料登録できるので、とりあえず口座を回折しておくことをオススメします。

 

もし億り人になったら気をつけてほしいこと

もしあなたが億り人になったとしても、もしかすと人生が壊れてしまうかもしれません。
なぜ気をつけたほうが良いのかというと、ポイントは「税金」「金銭感覚」などです。

他にも、仮想通貨で億り人になったら気をつけたいポイントは、以下のリンクで紹介しているので、億り人になる心構えとして参考にしてみてくださいね。

>>【破産】仮想通貨で億り人になってからが怖い税金のお話

 

仮想通貨を始めたいけど、パートナーに理解してもらうのが最難関だという人向け

「仮想通貨を始めたいけど、パートナーへの説明が最難関だなぁ」

たぶんこういう方は多いと思います。
じつは私もパートナーへの説得が最難関でした…

仮想通貨を始めるにはパートナーの説得が最難関

仮想通貨を始めるにはパートナーの説得が最難関

理解をしてもらうのは難しいにしても、誠実に説明をしてリスクを抑えた投資を行うことを説明してみましょう。

【パートナーへ理解をしてもらう理由】

  • お小遣いの中からやりくりする
  • 宝くじより億万長者が続出してる
  • 宝くじより長期的に楽しめる

理由は宝くじが中心となりましたが、仮想通貨の機能や将来性を訴えても私の場合は難しかったので、身近なもので訴えかけてなんとかOKをもらうことができました。

また、価格が上がったときは「リップルが20円が60円になって3倍になった!」などポジティブな報告は積極的に行っていました。
もちろん、下落をした時は会話に出さないようにもしていましたが…

仮想通貨投資はルールさえ決めてしまえば、そこまで恐れる必要はない投資です。
宝くじを買うより確率は高いと思いますし、億り人にもしなったら…というロマンもありますよね。

ぜひ、ルールを守って、ガッチリ利益を作っていってくださいね!

 

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。