1. ホーム
  2. リップルのはじめ方
  3. ≫仮想通貨リップル(XRP)をハードウォレットで保管するデメリット。安全・便利に保管をする方法

仮想通貨リップル(XRP)をハードウォレットで保管するデメリット。安全・便利に保管をする方法

仮想通貨リップル(XRP)をハードウォレットより安全・便利に保管する方法を紹介します。

すでにリップルを保管している人、新たに保管先を探している方の参考になれば嬉しいです。

ハードウォレットの保管はデメリットも多い

ハードウォレットへの保管は、購入で1万6千円ほどの初期投資とパソコンが必要。

しかも、アップデートの手順も複雑なので、放置でリップル(XRP)を保管できるわけではありません。

一番人気がある、ハードウォレットの「レジャーナノSのアップデート方法」を確認してみると、その難しさがわかるかと思います。

そのため、パソコンの知識に詳しくないと、トラブル時の対応ができないと大切な資産を失ってしまう可能性があります。

そこで、オススメしているのがセキュリティ重視の取引所「GMOコイン」を使うことです。

 

ハードウォレットよりもGMOコインが仮想通貨の保管場所としてオススメの理由

GMOコインは東証一部上場「GMOインターネットグループ」のグループ会社なので、セキュリティに力を入れています。

そのため、ハードウォレット代わりにGMOコインを使うことで、手軽にセキュリティ対策ができ、リップルなどの仮想通貨も購入が可能です。

もちろん、ログイン時や購入や出金など、2段階認証を設定できるのでセキュリティ面も強固になります。

 

GMOコインはマルチシグ・コールドウォレットにも対応

GMOコインならセキュリティに重要な、「マルチシグ」「コールドウォレット」対応。

違いについて図で解説します。

シングルシグとマルチシグの違い

ホットウォレット(オンライン保管)コールドウォレット(オフライン保管)の違い

 

GMOコインで保管できる仮想通貨

GMOコインで買える仮想通貨はすべて保管することもできます。

[box color=“pink2-gray” title=“GMOコインで保管できる仮想通貨]
  • リップル
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ライトコイン
[/box]

 

GMOコインは登録は無料で5分程度だけ

登録はカンタンで5分ほどでできますが、本人確認書類をアップロードして審査があり、ハガキが来るまで早くても数日はかかります。

そのため、すぐに仮想通貨投資をしなくても、登録と本人確認書類をWEBでアップロードだけでもしておきましょう。
GMOコイン公式サイトを見る

 

ハードウォレットのメリット

ハッキングのリスクが限りなく0にすることができる

オフライン保管なのでハッキングのリスクは自分でしっかり管理をすれば限りなく0に近くなります。

そもそも、ハードウォレットは仮想通貨保存専用「USBタイプ」のもので、そこに仮想通貨の暗号化された秘密キーが入っているんです。

だから、仮想通貨自体がハードウォレットの中に保管をされてるわけではないので、復元キーさえあれば紛失してもハードウォレットを復元することができます。

 

メジャーな仮想通貨はすべて保管できる

ハードウォレットで一番人気のレジャーナノSなら、27種類の仮想通貨の保管に対応しています。

リップルやビットコインなどのメジャーな仮想通貨はもちろん、DASHやZCASHなどの仮想通貨も保管が可能。

 

ハードウォレットのデメリット

ハードウォレットはパソコンが必須

ハードウォレットはUSBタイプなので、パソコンからデータをやり取りする必要があります。

スマホだけしかない人は、パソコンも購入が必要です。

 

ハードウォレットは1万6千円くらいかかる

ハードウォレットの値段が1万円前後掛かってしまうので、少額しか仮想通貨を保管しない場合は購入費用で赤字になってしまいます。

 

ハードウォレットの盗難・火災などのリスクがある

ハードウォレット自体を保管する場所にも注意が必要で、盗難に合わないようにしなければいけません。

また、火災などのリスクもあるので、保管場所を考える必要があります。

 

ハードウォレットと復元キーの2つ保管が必要

ハードウォレットを故障や盗難・火災などで、ハードウォレットが使えなくなってしまったときの復元キーも保管をしなければいけません。

復元キーの保管は紙に書いても、ネット上のセキュリティの安全な場所に保管をすることができますが、その復元キーの保管リスクもあります。

 

リップルが保管できるハードウォレットはLedger Nano S (レジャー ナノS)

すでに実績のあるリップルの保管できるハードウォレットは【Ledger Nano S (レジャー ナノS)】がオススメです。

新しく発売した商品や、あまり聞いたことがない商品の場合、ウィルスがハードウォレットに仕組まれいて、保管していたのにリップルが盗まれる可能性も。

そのため、すでに実績のあるレジャーナノSが信頼できるハードウォレットを選ぶことは必須です。

 

Ledger Nano S (レジャー ナノS)対応仮想通貨の種類が豊富

Ledger Nano S (レジャー ナノS)は保管できるは全部で27種類が保管可能。

今後も追加される予定なので、ハードウォレットはレジャー ナノSを1つ持っていれば問題ないでしょう。

レジャー ナノS対応仮想通貨一例
  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(Dash)
  • ネオ(NEO)など

 

WindowsやMacにも対応

Ledger Nano S (レジャー ナノS)はwindowsやMacにも対応。

ただし、USB-type Cのパソコンは画像右側の+USB Type-Cを購入する必要があります。

レジャーナノSをアマゾンやメルカリで絶対に購入してはいけない理由

アマゾンやメルカリから購入をしてウィルスが仕組まれていて盗難された事件も起っています。

そのため、正規代理店から必ず購入をするようにしましょう。

また、正規代理店から購入をすれば、日本語対応のサポートも利用できるので、設定に不安がある人も必ず公式サイトから購入をしましょう。

また、コインチェックの580億円の仮想通貨盗難された事件から、セキュリティ意識が高まりLedger Nano S (レジャー ナノS)の品薄状況が続いているので、なるべく早く購入しておくことをオススメします。

Ledger NanoS公式サイト 

 

紙のウォレット(ペーパーウォレット)で保管をする

QRコードで秘密キーを紙で保管する方法がペーパーウォレットです。

基本的にはあまりおすすめできない保管方法です。

 

メリット

シンプルで手軽に保管ができ、プリンターがあれば新たに何かを買う必要もありません。

また、コストはほぼかからずに強力なオフラインのウォレットを作ることができます。

 

デメリット

USBウォレット同じく火災や盗難のリスクがあります。

また、紙なので劣化や破れ、インクがスレてしまい使い物にならなくなる可能性があります。

ペーパーウォレットで保管をする場合、ラミネート加工をして、劣化、汚れ、破れ、紛失対策などしっかりしないと長期的な保管は難しいです。

 

取引所のウォレットで保管する

メリット

仮想通貨の取引所ではウォレットといった、財布の役割をする機能があります。

取引所のウォレットで保管すれば、パソコンやスマホでリップルなどの仮想通貨を持ち運ぶことができ、送金や出金機能もあるので仮想通貨を頻繁に使ったり移動させる人には非常に便利です。

また、取引所に分散して保管している人も多いので、利便性を考えて取引所のみに保管する場合は複数の取引所を使用して保管することをオススメします。

 

デメリット

いくら強力なセキュリティだったとしてもハッカーの盗難リスクが0ではありません。

ただし、もっとも手軽でコストもかからないオススメの保管方法です。

以下のリンクでは、リップルの取引所でセキュリティや手数料を徹底比較したおすすめ取引所になっています。

取引所選びの参考にしてみてください。

関連記事>>【2018年】リップル(XRP)おすすめ取引所の徹底比較ランキング

 

オススメの保管方法はセキュリティ重視の取引所「GMOコイン」での保管

最初に書いたとおり、オススメの保管方法はGMOコインです。

もともとは評判があまりよくなかったGMOコインですが、今はリップルの取引所としてもオススメの取引所になりました。

関連記事>>GMOコインがリップルの取引所として評判が上がってきている理由

GMOコイン公式サイトを見る

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。