1. ホーム
  2. リップルのはじめ方
  3. ≫【2018年】仮想通貨リップル今後の価格上昇で5,000円!?将来性を予想!

【2018年】仮想通貨リップル今後の価格上昇で5,000円!?将来性を予想!

【2018年】仮想通貨リップル今後の価格は5,000円!?将来性を予想!

仮想通貨リップル(XRP)の今後、2018年年末・2020年・2020年の将来予想価格を紹介をしますね。

後半では根拠やリップルの価格にとって重要ニュースも紹介をしているので、よかったらリップル投資の参考にしてみてください。

リップル(XRP)投資のオススメ取引所は、グループ会社が一部上場のGMOコイン

>>GMOコインがリップルの取引所として評判が上がってきている理由
GMOコイン公式サイトはこちら

オトクに入出金できるGMOあおぞら銀行にも合わせて登録しよう
>>GMOあおぞらネット銀行の無料口座開設はこちら(キャンペーン実施)

 

2018年年末、リップルの将来予想価格上昇は400円〜500円!?

リップルのプロジェクトの進み具合だと、2018年年末は400円〜500円ほどの価格上昇になること予想している人が多いです。

2017年12月は20円だったリップルの価格も、紆余曲折をえて2018年6月20日時点で60円まで上昇しました。

短期間ですが400円になったこともあり、その潜在力の高さは少しずつ認められています。
リップルへの投資はベンチャー企業の先行投資のように思っている人は多いです。

リップルの価格予想

2018年末の価格予想まとめ
  • 送金速度など性能がビットコインよりも高性能
  • ビットコインを超えると思う人は多い
  • 2018年年末で400~500円ほどの価格上昇になると予想

2020年のリップルの将来予想価格上昇は1,000円以上!?

2020年になり多くの人がリップルを使うことで、2020年のリップルの将来予想価格の上昇は、1,000円以上になっている可能性は高いです。

しかし、2020年ではまだ一部の銀行がリップル(XRP)を使った送金にとどまるで、まだまだ価格上昇の可能性は多いでしょう。

2020年リップルの価格予想!2020年には1000円以上も可能性あり?

 

2020年以降の価格上昇は5,000円!?

2022年くらいになれば、世界的な金融機関だけではなく多くの金融機関がリップルを使っていると思います。

2023年くらいに現状の国際送金にすべてリップル(XRP)が使用されれば、流動性が上がり価格が大きく跳ね上がり、5,000円ほどの価格上昇になる計算です。

リップルは2022年には本格的に使われているだろう

また、外国ではこんなツイートも…

外国のツイート予想では…

2025年の予想金額になれば、2018年にリップルに投資をした人の多くは1億円以上の利益がでる、いわゆる「億り人」になっている…?なんてこともあるかもしれませんね!

ただ、億り人は必ずしも人を幸せにするとは限らないんです…

以下の関連記事では、億り人になってからのお話を書いてあるので、興味がある方は読んでみてくださいね…

関連記事>>【破産】仮想通貨で億り人になってからが怖い税金のお話

GMOコイン公式サイトはこちら

オトクに入出金できるGMOあおぞら銀行にも合わせて登録しよう
>>GMOあおぞらネット銀行の無料口座開設はこちら(キャンペーン実施)

さてここからは、価格上昇の根拠をご紹介していきますね!

関連記事>>仮想通貨リップル(XRP)投資のはじめ方・投資額の決め方

 

リップル投資の今後の価格展開はこうなる

たしかに一時期より、リップルを含めた仮想通貨全体が大きく下落してしまい、不安に襲われている人もいるかもしれません。

リップルだけではなく、仮想通貨全体の価格が下落はしたが…

未来の仮想通貨の価格は高騰しているかもしれない

2017年はどんな仮想通貨を買っても利益になる相場でしたが、2018年は実際に利用される仮想通貨が伸びます。

仮想通貨は実際に利用されるものが伸びる

結論からいうと、リップルは「ビットコインを超える」可能性が高いです。

ビットコインを超える可能性がある

なぜリップルがビットコインをも超える可能性が高いかというと、すでに実験や導入を決めた銀行が増えているからです。

リップルは提携銀行・企業が日々増えている

ここからは、そんな将来性の高いリップルの今後について、わかりやすく解説していきますね。

 

ビットコインを超える可能性があるリップル(XRP)投資の今後

2016年にはすでに「グーグル」と日本の大手金融会社「SBIホールディングス」がリップルに投資をしていました!
メジャーな会社がリップルに投資をしたということは、リップルの将来性を認めて投資をしたということです。

グーグルやSBIはリップルに投資をした

とくにSBIホールディングスは、SBIリップルアジアという会社も設立をして、日本だけではなくアジアでのリップル拡大に向けてすでに動き出しています。

SBIリップルアジア

ちなみに、間違えやすいんですが、会社名がリップルで、通貨名がXRPです。

リップルの間違えやすい知識。会社名がリップル社で通過名がXRP。

突然ですが、ここで質問です!

リップルのことをよく知らない人でも、「ビットコイン」について聞いたことはあると思いますが、ビットコインの仮想通貨としての性能は知っていますか?

じつはビットコインは送金機能しかなく、送金するのに早くても10分、遅くて数日も掛かることもあり、通貨としての機能は低いのです…

しかし、リップル(XRP)は送金時間が数秒に短縮できるんです!
ビットコインよりも高性能なリップルは、実用化までもう少しの段階まできています。

ビットコインとリップルの送金性能の違い。リップルのほうが圧倒的に速い。

以下の記事では、ビットコインとリップルどちらに投資をすべきか迷っている方向けになっているので、よかったら参考にしてみてくださいね。

関連記事>>>ビットコインとリップル、初心者はどっちに投資すべきか分かりやすく解説

 

ここで質問です!

なぜ、リップルは銀行に使われるために作られたのかは知っていますか?

じつは、銀行に採用されることで、巨大な国際送金にリップルを使ってもらおうとしているのです。

あなたはリップルが使われようとしている、国際送金がどのくらいの金額の規模かご存知ですか?

正解は…

国際送金は65兆円以上の市場でリップルが使われようとしています。

国際送金の規模はなんと65兆円もあり、リップルはこの巨大市場で使われれために動いています。

国際送金額は65兆円!マイクロソフトと同じくらいの規模がある!

現状の国際送金は着金まで3~5日、7%の高額な手数料がかかり不満が大きいんです!

現状の国際送金は3日〜5日ほどかかるが、リップルを使えば4秒程度で送金が完了する

リップルの国際送金なら手数料が激安になる。

このことから金融機関の積極的なリップル採用の背景は、金融機関にとってもコスト削減や即時決済などのメリットが大きいからです。

リップルの動き
  • 65兆円以上ある国際送金市場は不満が大きい
  • 保守的な金融機関が進んで採用に動き出している
  • 金融機関のメリットは時間やコストの削減

 

【国内】リップルSBIホールディングスが主導で主要銀行と連携して送金実験を進めている

国内ではSBIホールディングスが主導して、61の銀行がリップルの採用に向けて動き出しています。

内外為替コンソーシアム参加銀行例
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 住信SBIネット銀行 など

関連リンク>>内外為替コンソーシアム参加銀行

関連記事>>リップルはSBI・三菱東京UFJ・三井住友銀行など61行が導入実験をしている

2018年夏頃からは、住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行の3行がリップルを活用した使用送金アプリ「マネータップ」をリリース

マネータップは世界からも注目されているので、日本での成功が世界での広がりを加速させるかもしれませんね。

マネータップが夏頃提供される。

 

世界の主要90銀行がリップル採用に動いている

世界の主要銀行「90銀行」以上がリップルのネットワークに参加をしてします。
日本では三菱UFJ銀行が、海外の主要銀行と連携して、海外への送金サービスを2018年にも開始する予定。

他にも、中国やアメリカの世界的な送金会社などとも提携が進んでおり、スピード感をもちながら計画を実行しています。

リップルネットへの参加銀行の国一例
外部リンク>>リップルの提携銀行一覧

「リップルの将来性に期待ができるのは分かってきたかも!?」

そう感じた方は、あとはリップルを買うだけ!ですが…

しかし、リップルを買う前に必ず確認をしておいたほうがいいことがあるんです…

それは、リップルをすぐに売ったほうがいいタイミングです!
すぐに売るべきタイミングを知らないでのリップル投資は危険

リップルの売り時は知らないと危険

 

リップルをすぐ売ったほうがいい時は、銀行の採用がなくなったとき

銀行のリップル不採用が決定をしたらすぐにリップルを売りましょう!

リップルが不採用になったら危険

リップルは銀行で使われるために作られた仮想通貨なので、その銀行から不採用とされた場合、リップルの価値はありません。

他にも、リップル以上のサービスが現れた場合も価値がなくなる可能性が高いです。

不採用と競合があらわれるリスクには警戒をしておきましょう。

関連記事>>>【初心者向け】仮想通貨リップル(XRP)の高騰・暴落時の対応の仕方は一番大事

 

リップル(XRP)の「価格上昇」にとって重要ニュースまとめ

「でも、リップルの将来性が価格上昇には大事だけど、色々なニュースがあってわかりにくい…」

リップルのニュースは調べてみると想像以上に大量にあってわかりにくいですよね?

ここからは、リップルにとって重要ニュースのみをまとめて紹介していきますね。

以下のニュースはリップルにとって、かなり重要度が高いニュースで、これらのニュースは今後のリップルの価格に大きく影響するといわれています。

リップル重要ニュースまとめ

リップルの注目度が上がっている

グーグルトレンドでリップルの注目度を見てみると、2017年11月末ごろから、世界的にリップルの注目度が大きく上がっています。

また、リップルの公式ツイッター1日1万フォロワーが増えており、リップルの動向が気になっている人が日に日に多くなっているのはプラス材料です。

 

世界各国でリップルの取扱い取引所が増えてる

2017年はじめにはリップルの取引所が6つほどでしたが、2017年年末には50以上の取引所がリップルの取扱をスタート。

リップル取扱の取引所が増加

取引所が日々増えていることで、リップルの流動性が高くなるメリットがあります。

 

アメックスがリップル(XRP)の実装完了

クレジットカード大手のアメックスが、11月にリップルとの提携を発表し、2018年2月にリップルを使う実装完了しました。

関連記事>>SBIリップルアジアが大手クレジットカード会社と共同で事業を行うことが決定

GMOコイン公式サイトはこちら

オトクに入出金できるGMOあおぞら銀行にも合わせて登録しよう
>>GMOあおぞらネット銀行の無料口座開設はこちら(キャンペーン実施)

巨大市場の中国でもリップルが広がりの可能性

リップルは中国でも広がる可能性がある!

中国の国営企業である中国銀行(バンクオブチャイナ)は、世界第5位の銀行で、国際送金のためにリップルの利用に向けた計画を発表しました。

関連記事>>>リップル(XRP)が中国で大きく広がるかもしれない理由とその後の展開

 

アメリカ大手経済ニュースでリップル優位という記事をアップ

アメリカの大手総合情報サービス会社のブルームバーグは、リップルが優勢という記事をアップ。

関連ニュース>>>「仮想通貨バトルはリップルが優勢、第2世代は効率性重視-チャート

 

世界的な大手企業2社と提携

具体的な企業名はまだ伏せられていますが、銀行ではないが誰もが知る大手企業2社とパートナーシップがすでに結んでいる。
このようにリップル社のDavid氏が、掲示板で書いたことにより、アマゾンやウーバーなどとの提携がされるのではないかという噂が広がっています。

リップルはすでに世界的な会社2社と提携している

 

細かなリップルの最新ニュースは以下の関連記事に記載されているので、より詳しく知りたい方は下記のリンクの記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事>>>【随時更新】リップル(XRP)世界での最新ニュース時系列まとめ

 

リップルの買いタイミングは今かもしれない

「なんとなく上がりそうな気はするけど、買いのタイミングはいつがいいの?」

またリップルの価格が不安定で、下落が怖くて投資ができない人は多いんですよね…
それもそのはず、大切なお金の投資先を決めるのは、簡単ではありません。

しかし、長期的な視点で価格を見ると、今の価格は将来の価格からしたら誤差かもしれません。

リップルの今の価格は、未来の価格からしたら誤差顔しれない

また、価格に大きな流動性があるのはそれだけ買いたい人や売りたい人がいるということであり、リップルの流動性が大きい方が、価格も上がりやすくなります。

仮想通貨の価格は流動性が低いと人気がない

 

仮想通貨は流動性が高いと人気が高い

仮想通貨は株式と比べると規模が小さいので価格変動が大きくなるのは、さらに市場が大きくなれば変動幅も少なくなると言われています。 

他にも仮想通貨は、1,000円から気軽に投資ができるので、資金が少なくても一攫千金のチャンスがあるのも人気の理由です。

株式投資だとハードルが高く感じますが、仮想通貨投資ならやっている人も多いので、気軽に始められるのも仮想通貨投資のメリットですね。

仮想通貨投資は1,000円からOK

 

リップル投資を始める前に確認しておきたい、「税金」のこと

仮想通貨の税率はご存知ですか?

じつは、日本の税制は仮想通貨にできています。なぜなら、仮想通貨の利益は雑所得で、利益に応じて税率が高くなってしまうからです。

また、仮想通貨であげた利益は黙っておけばバレないと思ってませんか?

もし無申告は逮捕されるかもしれないですよ…

以下の記事では税金のことや無申告のリスクなど、わかりやすく説明をしているので参考にしてみてください。

関連記事>>【税金】仮想通貨投資は利益が出ても会社や税務署にバレないって本当?

 

気軽に登録できるからこそ、手数料で損をしてしまう取引所選び

取引所選びは適当に選ぶと損をする

じつは仮想通貨の取引所は、登録や口座費用など一切無料で気軽に登録ができます。

しかし、気軽に登録できるぶん、中身を確認しないで登録してしまうと、手数料の高さなどで損してしまう可能性が高いです。

さまざまな取引所の中で一番のオススメは「GMOコイン」で、登録も3分程度で簡単にできるのも嬉しいポイント。

 

リップル(XRP)を買うならGMOコインがオススメの理由

GMOコイン

日本の大手の取引所ではリップル(XRP)を扱っている取引所が少なく、以前はコインチェックをオススメしていましたが、ネムの流出事件が発生したので、セキュリティを優先している企業のGMOコインがオススメです。

仮想通貨取引所選びの3つのポイント

GMOコインは仮想通貨取引所としては珍しく、グループ会社が上場企業なので、これらの3つのポイントをすべて抑えてる点が高く評価されいています。

GMOコインは主要5種類の仮想通貨の取扱がされているから、分散投資もできるメリットも。

GMOコインの取扱仮想通貨の種類。リップル・ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュ

他にも今まで投資経験が0の初心者でも、わかりやすくシンプルにWebサイトやアプリの画面になっているので、迷わずに仮想通貨の購入まですることができます。

登録や口座維持費用は無料なので、登録へのハードルはほとんど無いので、初心者にも優しい取引所です。

関連記事>>>GMOコインがリップル(XRP)の取引所として評判が上がってきている理由

 

GMOコインの注意点

マネーロンダリング防止の観点から本人確認書類の提出が義務付けられています。

すぐにリップルに投資をしたいと思って、GMOコインに無料登録して本人確認書類をWebでアップロードしても、アップロード後に送られてくる書留のハガキを受取るまでは取引ができません。

GMOコインの本人確認書類は早めに提出したほうが良い

買いたいタイミングで買えないのは大きな機会損失になってしまうので、興味がある人は少しでも早く無料登録と本人確認書類のアップロードをしておきましょう。

GMOコイン公式サイトはこちら

オトクに入出金できるGMOあおぞら銀行にも合わせて登録しよう
>>GMOあおぞらネット銀行の無料口座開設はこちら(キャンペーン実施)

また次の連記事では、リップル取扱の仮想通貨取引所を比較しているので、取引所選びの参考にしてみてくださいね。

次の記事>>リップル(XRP)オススメ日本国内の取引所を徹底比較

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。