1. ホーム
  2. Uncategorized
  3. ≫ビットトレードの特徴とメリット・デメリットは?こじるりがイメージキャラクターの取引所!

ビットトレードの特徴とメリット・デメリットは?こじるりがイメージキャラクターの取引所!

ビットトレードのイメージキャラクターはこじるり

こじるりさんがイメージキャラクターの「ビットトレード」。

知名度こそ低い取引所ですが、堅実な運営をしており金融庁の認可されています。

ビットトレードの特徴やメリット・デメリットを解説していきますね。

取扱仮想通貨は6種類

ビットトレードの取扱仮想通貨は6種類。

ビットトレード取扱仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナーコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCC・BCH)

しかし気をつけたいのは、イーサリアムとライトコインはビットコインでしか購入することができません。

そのため、イーサリアムとライトコインを購入するときには、ビットコインを購入する必要があります。

 

ビットトレードの手数料

入金

入金は自分負担なので、銀行によって異なります、

 

出金

出金手数料は648円。

 

取引手数料

売買手数料は仮想通貨によって異なります。

ビットトレードの手数料は他社の取引所に比べて少し高めです。

ビットトレードの売買手数料

 

テイカーとメイカーの違い
  • メイカーとは「新規で注文を出した人」
  • テイカーとは「すでにある価格を取る人」

メイカーのほうが手数料が安く、テイカーのほうが手数料が高いです。

 

ビットトレードのセキュリティ

コールドウォレット対応

コールドウォレットはオフラインの保管方法で、ハッキングリスクを減らすことができます。

ホットウォレット(オンライン保管)コールドウォレット(オフライン保管)の違い

マルチシグ対応

仮想通貨の送金には秘密鍵と呼ばれるキーが必要です。

マルチシグは送金のときに秘密鍵が複数必要になるので、ハッキングリスクを抑えることができます。

シングルシグとマルチシグの違い

 

2018年5月に外国人オーナー企業へ経営権の譲渡がされた

2018年5月にオーナー企業に経営権が譲渡されたので、今後サービス面で大きなテコ入れがある可能性もあります。

ユーザーにとってはメリットが大きいものになると予想されているので、新しい経営陣に期待をしておきましょう!

関連ニュース>>仮想通貨交換業のビットトレードが経営権譲渡、経営陣やサービスは変わらず

 

もともとFXの関連会社だったからチャート機能が高性能

もともとFX関連会社だったビットトレードなので、チャート機能が高性能な点が評価されています。

手数料は少し高めですが、このチャート機能を使いたい人がビットトレードに登路をしている人も多いです。

 

ビットトレードのメリット

ビットトレードのメリットは仮想通貨の取扱種類が6種類と豊富な点です。

ビットコインだけではなく、リップルやモナーコインを取り扱っている点で評価が高い取引所になります。

 

ビットトレードのデメリット

ビットトレードは知名度も低く、外国人が経営者になりサービスがどのようになるのが不透明です。

しかし、今後手数料など他の取引所よりも優位性が出てくることもあるので、将来性が高い取引所の一つ。

現物取引しかないため、FXのチャート機能が宝の持ち腐れにになっています。

今後レバレッジ取引などが導入されれば、さらにチャートの活用が広がってきます。

 

ビットトレードのお得なキャンペーンと登録方法

次の記事ではビットトレードのお得なキャンペーンと登録方法について開設をしているので、参考にしてみてください。

次の記事>>ビットトレードのお得なキャンペーンはある?登録方法と購入の仕方

 

ビットトレードよりも当サイトオススメは「GMOコイン」の理由

GMOコイン

なぜGMOコインがオススメなのかというと、取引所選びで重要な3つのポイントをすべて抑えているからです。

仮想通貨取引所選びの3つのポイント

日本の大手の取引所ではリップル(XRP)を扱っている取引所が少なく、以前はコインチェックをオススメしていましたが、ネムの流出事件が発生したので、セキュリティを優先している企業のGMOコインがオススメです。

GMOコインは仮想通貨取引所としては珍しく、グループ会社が上場企業なので、これらの3つのポイントをすべて抑えてる点が高く評価されいています。

GMOコインは主要5種類の仮想通貨の取扱がされているから、分散投資もできるメリットも。

GMOコインの取扱仮想通貨の種類。リップル・ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュ

他にも今まで投資経験が0の初心者でも、わかりやすくシンプルにWebサイトやアプリの画面になっているので、迷わずに仮想通貨の購入まですることができます。

登録や口座維持費用は無料なので、登録へのハードルはほとんど無いので、初心者にも優しい取引所です。

関連記事>>>GMOコインがリップル(XRP)の取引所として評判が上がってきている理由

 

GMOコインには早めの登録がオススメの理由

早めに登録をしておかないと、買いタイミングで買えずに損をしてしまうからです。

登録自体は3分程度できますが、本人確認書類は早めに提出しておきましょう。

なぜなら、マネーロンダリング防止の観点から本人確認書類の提出が義務付けられています。

そのため、本人確認書類の確認が終わったあとに送られるはがきを受け取った時点で取引が可能になるため、最短でも数日はかかってしまうんです。

GMOコインの本人確認書類は早めに提出したほうが良い

買いたいタイミングで買えないのは大きな機会損失になってしまうので、興味がある人は少しでも早く無料登録と本人確認書類のアップロードをしておきましょう!

また次の連記事では、リップル取扱の仮想通貨取引所を比較しているので、取引所選びの参考にしてみてくださいね。

次の記事>>リップル(XRP)オススメ日本国内の取引所を徹底比較

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。

コメントする

コメント

この記事へのコメントはありません。