1. ホーム
  2. リップルのはじめ方
  3. ≫【破産】仮想通貨で億り人になってからが怖い税金のお話

【破産】仮想通貨で億り人になってからが怖い税金のお話

【破産】仮想通貨で億り人になってからが怖い税金のお話

億り人になれば幸せな生活が送れると思っていませんか?

もしそのような考えで億り人になったら確実に破産します…!

なぜなら、仮想通貨は億り人になってからが怖い5つの理由があるからです。

そこでなぜ億り人なのに破産をしてしまうのか?そのリスクについて解説をしていきますね。

 

億り人の税金は55%、翌年に請求され「税金破産」する人がいる

仮想通貨で億り人になったら、最大税率の55%が税金で持っていかれます。

たとえば、1億の利益があったとしても、手元に残る金額は4500万円。想像以上に手元に残る金額は少ないんですよね…

仮想通貨で1億円利益をあげても、利益は4500万円しか残らない。理由は日本では最大税率55%もかかるからです。

また怖いのが、手元にお金が潤沢にあると錯覚をしてしまうことです。

ほとんどお金を使ってしまい、翌年に請求される税金が払えなくなって破産をしてしまう人は少なくないんです…

税金分は使わないように、別口座に移し替えるなどの対策が大切ですが、人間は欲望にはなかなか勝てない生き物なのが難しいところ…

 

借金が返せない自己破産は可能

もしあなたが借金をして返済できない状況になってしまったら、変な事は考えずに、「自己破産」という選択肢をとってください。

以下の関連記事では、仮想通貨投資の自己破産について詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

関連記事>>ビットコインなど仮想通貨投資の借金は債務整理で自己破産を選択しよう

 

悪質な脱税は逮捕される可能性が高い

リップルの売り時は知らないと危険

悪質で金額の大きい脱税行為は逮捕される可能性が高いです…

しかも、国税も仮想通貨の取締りを強化しているので、見せしめで逮捕をして、脱税の抑止効果を狙う可能性があります。

もちろん、意図しない申告漏れも発生するかもしれません。

その場合、延滞税や重加算税だけで済むケースも多く、逮捕まではいかないでしょう。

ただ、急にお金が増えて豪遊したことにより、税金が支払えずに脱税をしてしまう人は少なくないので気をつけてくださいね。

 

億り人で生活スタイルが変わり破産リスクが高まる

1億というお金を持つことは少数なので、たくさんあると錯覚をしてしまいがち。

しかし、いくらあっても簡単使えてしまうのが「お金の魔力」。

タワーマンション・ベンツ・ロレックス…欲しいものを欲望のままに買っていけば、すぐに数千万円が溶けます。

仮想通貨で億り人になっても、お金は使おうと思えばすぐに使えてしまう

たとえば、数十億の資産があるハリウッドスターですら、破産したニュースを見たことありますよね?

お金は使おうと思えばいくらでも使えるということです。

 

億り人になり生活水準を上げると破産する

生活水準を一気に上げてしまうのは破産の原因。

一度上げた生活水準は、なかなか下げることは人間の心理的には難しいもの。使う金額が少しずつ増え、気づいたらお金が全然ないということは珍しくありません。

たとえば、会社の経営者なら日頃から大きな金額を動かしているので、お金をうまく扱えると思います。

しかし、今まで大きな金額を扱ったことがないサラリーマンが、急に1億渡されてもうまく使えないのはムリもありません。

仮想通貨で億り人になっても、人は大金で変わってしまうもの

「お金は貯めるより、使うほうが難しい…」誰かがそんなセリフを言っていましたが、まさにそのとおりだと思います。

あなたらなら変わらない自信がありますか?わたしは自信がありません…

 

億り人になったと友達や親戚にいうと妬まれたり、たかられる

億り人になっても絶対人に言わないようにしましょう。

誰か1人に億り人になったと話をしてしまうと、親戚や友人などからたかられる可能性も。

また、なにより怖いのが税務署へのチクリ行為…

あなたが正しい申告をしていたとしても、お金持ちになった僻み(ひがみ)で足を引っ張る人が出てきます。

「言わなければいいだけ」と思うかもしれませんが、宝くじ当選者で一番辛かったのは「人に言えないこと」のようです。

また、ネット上でもあまり1億になったなどの直接的な表現は避けましょう。

なぜなら、ツイッターなどで身バレをしてしまうと、税務署がチェックをしていたり、誘拐(ゆうかい)などのリスクが増えてしまうからです。

じっさい海外では「ビットコイン取引所の重役、誘拐されて身代金をビットコインで支払う」事件が起きています。

 

やる気が無くなるのは破産への一歩

もし仮想通貨で1億の利益をあげたとしても、手元に残るのは5千万ほどなので一生遊んで暮らすには足りない金額です。

しかし、10億の利益をあげて5億も残ったら、一生遊んで暮らせると思うのではないでしょうか?

5億あれば50年間で毎月83万使い続けてようやくなくなる金額なので、働くモチベーションがお金だった人は急にやる気が出なくなるのは当然です。

もし仕事を辞めてしまい、入ってくるお金がない中で遊び続けるのは非常に危険。

なぜな生活水準を上げ、お金を使い切ってしまったら、億り人になる前の生活にすら戻れない体になっているからです。

一度覚えたお金の使い方は、体に染み付いて離れないもの…

 

もし億り人になったら気をつける3つのこと

億り人になったら気をつける3つのこと
  • 支払う税金のお金の確保
  • 計画的に貯めるか使うようにする
  • 人に言わない

これらをしっかりと守れば、億り人になっても幸せになることが出来ると思います。

しかし、どれか一つでも抜けると、人生が狂ってくるので気をつけてくださいね。

 

利益確定をしなければ課税されない

仮想通貨は利益確定をしなければ課税対象にならないので、含み益の状態で億り人になっても税金の支払いはありません。

しかしビットコインからリップルに交換をしたなど、仮想通貨同士に交換は、上がった分は利益確定となり確定申告が必要です。

そのため、一番のオススメは長期的に交換も売却をせず、ホールドで含み益を増やしておいて、少しずつ利益確定をしていく方法です。

関連記事>>【税金】仮想通貨投資は利益が出ても会社や税務署にバレないって本当?

 

仮想通貨投資で億り人を目指すならのオススメはリップル

着金まで数日掛かり3,000円以上の手数料がかかる国際送金を、手数料を安く高速で送金できるように作られたリップル。

グーグルやSBIホールディングスも出資をした、期待の仮想通貨の一つです。

グーグルやSBIはリップルに投資をした

リップル社は世界の大手銀行や日本の銀行61行などと送金実験を開始しており、リップルに関連するニュースは日々増えています。

リップルの「最新ニュース」をみると、その提携銀行や会社の多さに驚きます。

現在は数十円程度ですが、将来的には5,000円になるとの価格よそもあり、日本や韓国でリップルは人気の高い投資先です。

以下の関連記事では、リップルの将来価格を予想した記事になっているので、興味があるかたは参考にしてみてくださいね。

関連記事>>【2018年】仮想通貨リップル今後の価格は5,000円!?将来性を予想!

 

リップル投資を始めるならGMOコイン

GMOコインはセキュリティの高さ・手数料の安さ・サポートの手厚さが国内の取引所ではずば抜けています。

初心者でも非常に簡単にリップルを購入することもでき点も人気の高い取引所の秘訣のようです。

GMOコイン公式サイトを見る

オトクに入出金できるGMOあおぞら銀行にも合わせて登録しよう
>>GMOあおぞらネット銀行の無料口座開設はこちら(キャンペーン実施)

また次の連記事では、リップル取扱の仮想通貨取引所を比較しているので、取引所選びの参考にしてみてくださいね。

次の記事>>リップル(XRP)オススメ日本国内の取引所を徹底比較

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。