1. ホーム
  2. リップル最新ニュース
  3. ≫読売新聞1面に銀行送金低コスト化の記事が掲載

読売新聞1面に銀行送金低コスト化の記事が掲載

リップルが2018年1月4日の朝刊1面に掲載

仮想通貨の基盤となる「ブロックチェーン」技術を使い、銀行間の送金手数料を大幅に安くできるサービスが今年3月にも一部の銀行間で始まる見通しとなった。  手数料は10分の1程度に下がる可能性がある。金融とITを組み合わせた「フィンテック」が、個人の生活に恩恵をもたらす具体例となる。

 国内メガバンクや、りそな銀行、地方銀行など約60の金融機関がすでに実証実験を済ませた。このうち、インターネット銀行や地銀など数行が3月にも、スマートフォンのアプリを使って手軽で安価に送金できるサービスを開始する。参加する銀行は、順次増える見通しだ。

 送金手数料は各行が決めるが、最も安くした場合は現在数百円の手数料を10分の1程度に引き下げることもできるという

引用:http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180103-OYT1T50130.html?from=ytop_top

主な内容としては、仮想通貨技術を利用した送金の低コスト化に触れられていて、現行の手数料が10分の1に引下げ可能で、送金先の口座が分からなくても電話番号で送金ができるようになるようです。

リップルへの直接的な言及はありませんでしたが、SBIリップルアジアが事務局となりサービスを作ったとされているので、リップル(XRP)を利用した送金サービスになることが想像できます。

 

新聞、テレビが取り上げられるようになれば本格的なスタート

すでにリップルへ投資をしている人たちは、アーリーアダプターと呼ばれる「新しいものへの抵抗感が少ない人」たちでしたが、その人数はまだまだ少ないです。

しかし、新聞やテレビなどが取り上げることによって、今まで仮想通貨を詳しく知らなかった人たちや否定的だった人たちも、今回のニュースでリップルが実用化に向けて動き出しているということが分かれば、更に仮想通貨市場に流入されることが期待できます。

まだまだリップルは、一部の人達の期待値が高い仮想通貨ですが、2018年の流れとしては、ビットコインではなくリップルが仮想通貨市場を引っ張っていくようになるでしょう。

 

コインチェックのCMからの流入

2017年12月頃から、国内の仮想通貨取引所コインチェックが芸人の出川哲朗さんを起用したCMをうったので、国内の取引所の新規申し込みが殺到しているようです。

このことから、まだまだ日本でも仮想通貨市場は伸びしろがあり、2018年もリップルを含め仮想通貨市場は大きく盛り上がっていくことは確実です。

 

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。