1. ホーム
  2. リップルオススメの取引所
  3. ≫QUOINEX(コインエクスチェンジ)‎は国内最強のセキュリティの取引所!リップルの取扱も開始!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)‎は国内最強のセキュリティの取引所!リップルの取扱も開始!

「QUOINEXの読み方はコインネックスで合ってる?」

最初見たときは、多くの方が読み方を間違えていたであろうQUOINEX(コインエクスチェンジ)。

海外の取引所で「CoinExchange(コインエクスチェンジ)」と全く同じ読み方の取引所もありますが、別の取引所になるので気をつけてくださいね!

なぜ、こんな読みにくいのかというと、日本・シンガポール・ベトナムに拠点をおいている国際色が強い取引所だからなんです!

国内の取引所としてまだまだ知名度が少ないQUOINEX(コインエクスチェンジ)ですが、他の取引所にはない大きな特徴があります。
それは、セキュリティが国内最強クラスということ!

なぜ、QUOINEX(コインエクスチェンジ)が国内最強のセキュリティなのかを解説していきますね。

 

目次(もくじ)で全体を確認する

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の最大のメリット【セキュリティが国内最強クラス】

結論から言えば、QUOINEXの最大のメリットはセキュリティが国内最強クラス!
なぜ最強なのかというと、QUOINEXは100%「コールドウォレット」と呼ばれるオフラインで仮想通貨を保管しているからです。

他の取引所では「ホットウォレット」と呼ばれる、オンライン上で仮想通貨を保管をしているので、ハッキングのリスクがコールドウォレットより高くなってしまうんです。

しかし、QUOINEXなら100%コールドウォレットを使用しているので、ハッキングリスクは最小限の国内最強クラスの取引所なんです。

100%コールドウォレットで仮想通貨を管理している取引所は、日本ではQUOINEXだけ。
もちろん、ハッカーからあなたのアカウントを守る2段階認証にも対応しています。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はマルチシグ対応

マルチシグとは複数鍵と呼ばれる、セキュリティ強化の仕組みを採用しています。
1つの鍵ではなく、鍵が3つ揃わないと送金できないようにすることで、ハッカーによるハッキングリスクを極限まで減らしています。

ただ、マルチシグの対応は技術的に難しいようで、ビットコインとビットコインキャッシュのみの対応です。

 

コインチェックの580億円の仮想通貨流出は「ホットウォレット」に保管されているのが原因だった

大手仮想通貨取引所のコインチェックが、580億円の仮想通貨ネムをハッカーにより奪われてしまいました。

奪われた原因はホットウォレットに仮想通貨を保管していたことが原因でした。
ホットウォレットで仮想通貨を保管は、ハッキングのリスクは高いことを知らしめた事件でもあります。

もちろん、コールドウォレットはセキュリティが強いというメリットがある反面、デメリットもあるんです。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のデメリット

コールドウォレットで保管しているので、送金までがかなり遅い

QUOINEXのデメリットは、100%コールドウォレットを使用しているので、仮想通貨の出金が遅いんです…

ホットウォレット使用の取引所なら、送金までの時間は比較的すぐ完了しますが、QUOINEXは平日の1日1回のみしか出金処理を行いません。
しかも、午前11時を過ぎて出金依頼をすると、翌営業日の出金処理となるため、送金までの時間がかかってしまうんです…

そのため、頻繁に仮想通貨を送金する利用の場合は、避けたほうがいい取引所になります。

 

取扱仮想通貨しか保管できない

QUOINEXの取扱仮想通貨しか保管ができないので、少し特殊な仮想通貨はQUOINEXのコールドウォレットで保管をすることができません。

【QUOINEXの取扱仮想通貨】

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • キャッシュ(QASH)

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は長期保有向けの、保管所代わりとして使うの人も多い

QUOINEXの使い方は、仮想通貨を長期保有する人に向いている取引所です。
長期保有なら送金速度が遅くても問題ありません。

むしろ、セキュリティが高いことが重要になります。
そのため、QUOINEXは長期保有をする人にうってつけの取引所です。

とくに、リップルに投資をしている方は、長期保有すると決めていることが多いので、リップルに投資をする人にオススメの取引所ともいえます。

 

ハードウォレットやペーパーウォレットに仮想通貨を保管するならQUOINEXに預けた方がいい

ハードウォレットを買うくらいなら、QUOINEXに仮想通貨を預けることをオススメしています。
なぜなら、ハードウォレットやペーパーウォレットは、盗難や紛失などの管理のミスで仮想通貨を失う可能性があるからです。

また、ハードウォレットはアップデートをする必要があったり、紛失をしたら復旧まで面倒くさいと思うようです。

ハードウォレットは1万円以上するものが多いので、1万円払うくらいならQUOINEXの口座を無料で開設したほうが「お金」と「手間」のコストを削減することができます。

ここからは、QUOINEXについて更にくわしく説明していきますね。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)でライト版の新アプリが登場

今まであったQUOINEXのアプリはトレーダー向けのプロ仕様のアプリしかありませんでした。
そこで、もっと幅広い人が使えるQUOINEXライト版のアプリをリリースしました。

「ちょっと、アプリが使いにくかいから、QUOINEXはちょっと…」

という方でもスムーズに使うことができるアプリになっているので、これから仮想通貨を始める初心者の方にもおすすめできるようになりました。

 

そもそも、QUOINEX(コインエクスチェンジ)とは

コインエクスチェンジとは国内の仮想通貨取引所で、金融庁の仮想通貨交換業者登録第一号の取引所です。

コインチェックやビットフライヤーなどの大手取引所を使う人が多かったため、コインエクスチェンジはあまり注目がされていませんでした。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴

ビットコインの現物取引は手数料が無料

ビットコインの現物取引が無料です。

ビットコイン以外のアルトコインは手数料が購入金額の0.25%の手数料がかかります。

 

入出金手数料

入金手数料は無料ですが、日本円での出金は500円かかるので、他の取引所に比べて少し高めです。

 

法定通貨の取扱いが最多

法定通貨と呼ばれる、日本円やUSドルなどの取扱いが国内の取引所では最多の10種類を誇ります。

取扱い法定通貨の10種類
  • JPY
  • USD
  • EUR
  • AUD
  • HKD
  • SGD
  • CNY
  • PHP
  • INR
  • IDR

国内にいる人だけではなく、外国人の利用も多くなるのもコインエクスチェンジの特徴です。

リップル(XRP)が追加されたことにより、それらの法定通貨を使っている人にはコインエクスチェンジはオススメの仮想通貨取引所になります。

サポートはメールとLINE

サポートの種類
  • メール
  • LINE

他の仮想通貨取引所では、問い合わせはメールのみで返信が遅かったり、返信がされないということも珍しくはないですが、コインエクスチェンジではLINEをサポートに使用をしているので、他の取引所に比べて比較的レスポンスが早く、また手軽に問い合わせを出来る点でも高評価です。

 

対応金融機関は約380

主要な銀行は対応しているので、クイック入金を使えば24時間265日入金が可能です。

主要銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • じぶん銀行
  • りそな銀行
  • 三井住友銀行
  • ろうきん

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のメリットまとめ

100%コールドウォレット使用

国内の取引所では日本で唯一、100%コールドウォレットのオフライン管理をしているので、ハッキングのリスクはかなり低いものになっています。

そして、マルチシグ(複数鍵)をしようしていて、送金や出金するのは4段階のステップが必要で、防御力は国内では最強クラスの取引所です。

 

レバレッジ取引が最大25倍

国内の取引所では珍しく25倍ものレバレッジ取引が可能なので、少額でも大きな金額を動かすことができます。

もちろん、大きな額を動かして利益が出ればいいですが、損をした場合はリスクが大きすぎるので、初心者の方はあまり大きな倍率でレバレッジ取引をしないようにした方がいいです。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のデメリット

出金や送金に4段階のステップが必要なため、他の取引所に比べて送金がかなり遅く、送金まで数日掛かることもあり、急いで出金するタイミングがある場合は避けたほうが良いです。

コインエクスチェンジの利用の仕方は、普段あまり動かさないような仮想通貨を管理するのには向いていると思います。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)口座開設まで最短1営業日と高速開設できる

フォームに入力後に本人確認書類をアップロードすればば、最短1営業日で口座開設ができます。

急いで口座開設をしたい人にもオススメができます。
フォーム入力も最短5分程度で申し込みが可能。

仮想通貨の取引は買いたいタイミングで買うことが大事にになります。
そのため、今すぐ取引をすることがなくても、口座開設は無料なので申し込みをしておくことをオススメします。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)口座開設方法

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法1。新規登録をする。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法2。そのまま次へをタップ

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法4。口座種別・メールアドレス・パスワードと日本人であるチェックをする。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法4。名前と生年月日・性別・国籍・外国の重要幸甚ではないを入力。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法4。住所と職業を選択。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法4。収入・年収・投資可能額・投資目的を選択。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法4。投資英検を選択して次へを

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法5。内容を確認する

下にスクロールをすると、2箇所チェックを入れる箇所があります。

スクリーンショット_2018-07-30_16_38_13-2-min

次へを押したら問題が出るので答える。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法7。次へを押すと問題が出るので答える。

ここまでで仮登録が完了!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法8。ここまでで仮登録が完了。メールが届くのでリンクをクリックして本登録が完了します。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法9。リンクをクリックして本登録を完了させる。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法10。右上をタップ。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法10。右上をタップ。accunt setthings をクリック。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法11。口座を認証をするをタップする。

表面と裏面と自撮り画像の3点をアップロードします。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法12。本人確認書類を選択してアップロードする。免許証は表面と裏面の2種類をアップロード。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法13。iPhoneでアップロードする方法。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法14。免許証は裏面もアップロード。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法15。チェックをいれてアップロードする。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法16。審査がされます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法17。登録から3日後に転送不可の簡易書留ユーザーIDが届きました。

次はログインをして、必須設定の②段階認証を設定します。

必須設定の2段階認証を設定します。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法18。必須設定の2段階認証を設定します。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法19。2段階認証を設定。

2段階認証の設定が完了!

 

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)‎よりもオススメは「GMOコイン」の理由

GMOコイン

なぜGMOコインがオススメなのかというと、取引所選びで重要な3つのポイントをすべて抑えているからです。

仮想通貨取引所選びの3つのポイント

日本の大手の取引所ではリップル(XRP)を扱っている取引所が少なく、以前はコインチェックをオススメしていましたが、ネムの流出事件が発生したので、セキュリティを優先している企業のGMOコインがオススメです。

GMOコインは仮想通貨取引所としては珍しく、グループ会社が上場企業なので、これらの3つのポイントをすべて抑えてる点が高く評価されいています。

GMOコインは主要5種類の仮想通貨の取扱がされているから、分散投資もできるメリットも。

GMOコインの取扱仮想通貨の種類。リップル・ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュ

他にも今まで投資経験が0の初心者でも、わかりやすくシンプルにWebサイトやアプリの画面になっているので、迷わずに仮想通貨の購入まですることができます。

登録や口座維持費用は無料なので、登録へのハードルはほとんど無いので、初心者にも優しい取引所です。

関連記事>>>GMOコインがリップル(XRP)の取引所として評判が上がってきている理由

 

GMOコインには早めの登録がオススメの理由

早めに登録をしておかないと、買いタイミングで買えずに損をしてしまうからです。

登録自体は3分程度できますが、本人確認書類は早めに提出しておきましょう。

なぜなら、マネーロンダリング防止の観点から本人確認書類の提出が義務付けられています。

そのため、本人確認書類の確認が終わったあとに送られるはがきを受け取った時点で取引が可能になるため、最短でも数日はかかってしまうんです。

GMOコインの本人確認書類は早めに提出したほうが良い

買いたいタイミングで買えないのは大きな機会損失になってしまうので、興味がある人は少しでも早く無料登録と本人確認書類のアップロードをしておきましょう!

GMOコイン公式サイトを見る

 

また次の連記事では、リップル取扱の仮想通貨取引所を比較しているので、取引所選びの参考にしてみてくださいね。

次の記事>>リップル(XRP)オススメ日本国内の取引所を徹底比較

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。