1. ホーム
  2. リップルのはじめ方
  3. ≫【2018年】仮想通貨リップル(XRP)の価格が上がらない3つ理由と適正価格はいくらか

【2018年】仮想通貨リップル(XRP)の価格が上がらない3つ理由と適正価格はいくらか

「リップルを買おうとしてるけど、価格が下がりすぎてるからもうだめなんじゃないの?」

「200円の時にリップルを購入してしまったんだけど、このまま持ち続けていいのかな…?」

2018年に入ってからは下げ相場になっており、これから新たに仮想通貨のリップルに投資をしようとしている人は不安に思っている人も多いのではないでしょうか?

リップルだけではなく、仮想通貨全体の価格が下落はしたが…

結論からいうと、以下の3つがリップルの価格が上がらない理由です。

リップルが上がらない3つの理由
  • 投機家が相場を操作しているため
  • 期待値が先行しすぎた
  • すべての仮想通貨はビットコインの価格に連動している

仮想通貨の価格が暴落して慌てている人は、その時の対応で大きく損失をだすかどうかが決まります。
以下は暴落時の対応方法が解説しているので参考にしてみてくださいね。

関連記事>>仮想通貨リップル(XRP)の高騰・暴落時の対応の仕方は一番大事

 

仮想通貨の価格が下がる理由は、投機家や大口の投資家が相場を操作しているため

潤沢な資金がある投機家や大口投資家が仮想通貨市場に参入しているため、大量の仮想通貨を購入して一時的にバブルのような状況を作りだす仕手相場になってしまいました。

価格が下がる流れ
  1. 大口投資家が大量に仮想通貨を購入
  2. 仮想通貨を買わないと損をすると宣伝
  3. 個人投資家が仮想通貨を購入
  4. 大口投資家が大量の仮想通貨を売却
  5. 仮想通貨全体が暴落

「仮想通貨を買えば儲かる」という状況を作り、価格が上がりきったところで、大口投資家が大量に仮想通貨を売ってしまったんです。
そのため、パニックになった一般の投資家が損を防ぐために売りに走り仮想通貨の価格が下がりすぎることに…

機関投資家や仕手集団などで相場操作をされるので、短期投資は難しい

 

期待値が先行しすぎて価格が上がってしまったため

リップルに期待する人たちの期待値があまりにも高くなりすぎ、価格が大きく上がってしまったため、適正価格に戻る調整が行われました。

仮想通貨リップルの価格は期待値が先行して上昇している

株式市場でも期待値で価格が大きく上昇したものは、その後調整が入り価格が適正価格に戻るように動きます。

短期的に調整が入り価格が下がることはあっても、リップルが使われるように慣れば流動性が高まり、価格の上昇は見込まれるでしょう。

 

ビットコイン価格に連動して価格が下がってしまった

ビットコインの価格が下がると、仮想通貨全体の価格が下がってしまいます。

そのため、ビットコインに問題が発生してしまうと、リップルの価格も下がってしまうようになっています。

仮想通貨全体の価格はビットコイン価格と連動している

 

ビットコイン価格に仮想通貨全体が連動している理由

仮想通貨全体の価格がビットコイン価格と連動するのは、ビットコインが仮想通貨の「基軸通貨」として使われているからです。

日本では日本円を使ってリップルなどの仮想通貨を購入したり、アメリカならドルを使って仮想通貨を購入します。

リップルやイーサリアムなど、他の仮想通貨は基軸通貨ではないため、仮想通貨を買うことができません。

リップルは基軸通貨でないから、仮想通貨を購入できない

しかし、基軸通貨のビットコインは、ビットコインを使ってさまざまな仮想通貨を購入することができるんです

ビットコインは基軸通貨だから、仮想通貨を購入できる

そのため、基軸通貨のビットコインの価格が下ると、リップルを含めたすべての仮想通貨の価格が連動して下がってしまうんです。

もちろん、ビットコインの価格が上がれば、仮想通貨全体の価格もあがります。

関連記事>>ビットコインの次にくる仮想通貨はリップルだと思う理由

 

リップルは使われないから価格が下がっている?

リップルが使われないから価格が下るという人もいますが、リップルはすでに多くの銀行と提携をしています。

リップルは提携銀行・企業が日々増えている

使われないリップルにグーグルやSBIが投資をしたり、多くの主要銀行と送金会社大手と提携はしません。

グーグルやSBIはリップルに投資をした

リップルの価格は下がっていますが、プロジェクトは順調に進んでいるので、流動性が高まれば自然とリップルの価格も上昇するはずです。

以下の関連記事では、リップルの提携銀行や企業が増えるたびに更新しているので、提携先の多さに驚くと思います。

リップルが投資先としてふさわしいかどうかは、提携先を見てから決めても遅くは無いと思います。

関連記事>>リップル(XRP)世界での最新ニュース時系列まとめ

 

リップルの価格が上がらない3つの理由まとめ

まとめ
  • ビットコインの価格に連動しているため
  • 投機家が相場を操作しているため
  • 期待値が先行しすぎたため

投資先の仮想通貨がリップル以外にも検討をしている方は、以下の関連記事に主要仮想通貨の比較を書いてあるので、参考にしてみてくださいね。

関連記事>>リップルとその他の仮想通貨比較

 

仮想通貨は価格が下がったときこそ【億り人】へのチャンス!

仮想通貨は価格が下がったときこそ買い時。

なぜなら、価格が上がりきった時に買うのは、価格が下落する可能性が高いですが、価格が下がった状態なら上がるしか無いからです。

もちろん、短期的な上昇は見込めないかもしれませんが、長期的にみれば将来性のある仮想通貨は、価格が下がったときにこそ購入することをオススメします。

価格の下落がチャンスだと気づいた鋭いあなたは、【初心者向け】仮想通貨リップル(XRP)投資のはじめ方・投資額の決め方」に詳しく書いてるあるので、参考にしてみてくださいね。

また、これから億り人を目指す人は、「【未来】仮想通貨リップルで億万長者(億り人)になれるのか」をがオススメ。

 

狼狽売り(ろうばいうり)は避けたほうがいい理由

狼狽売り」をしてしまうのが仮想通貨投資では避けたほうがいいです。

狼狽売りとは?

価格が急激に下落をした時に、早く売らないと損が膨らむと慌ててしまい、感情で仮想通貨を売却してしまうことを言います。

感情で売るタイミングを決めてしまうのは、投資では一番避けたい売り方です。

仮想通貨の価格が下がったが…

未来の仮想通貨の価格は高騰しているかもしれない

将来の価格が上がっているのに、狼狽売りをして損をしてしまう可能性があります。

リップルの今後の展開を確認して、「1,000円を超えたら売却しよう」など、具体的に決めておくことがオススメです。
また、合わせて「損切り」のルールを決めておきましょう。

損切りとは?

自分が許容できない金額まで価格が下落したときに、これ以上損を増やさないために、損失を出してでも売却をすること。


狼狽売りをしないためには投資金額と損切りのルール作りが大切です。

投資金額と損切りの決め方についてもっと詳しく知りたいときには、「仮想通貨を始めるなら投資金額と損切りのルールだけは決めたほうがいい理由」に書いてあるので、参考にしてみてくださいね。

 

損失を出したとき【節税】のチャンスかも知れない?

仮想通貨は利益を出しても、雑所得なので税率が不利です。

そのため、1月〜12月の間に多くの利益をあげている場合、損失を出している仮想通貨を売却して、あえて損失を確定させる方法もオススメ。

損失をだすことで、利益の出た仮想通貨と「相殺(そうさい)」できるので、支払う税金が少なくすることができます。

利益と損失を相殺して利益を圧縮

損失を出すことで利益を圧縮して、支払う税金を少なくすることが可能です。

下の図は相殺をした時のメリットの図 。

損失を出した仮想通貨を売却することで利益を少なくできる

税金については「【税金】仮想通貨投資は利益が出ても会社や税務署にバレないって本当?」に詳しく書いてあるので、参考にしてみてくだいね。

また、多くの利益をあげているなら、法人化という方法もあります。
法人で仮想通貨投資をするメリット!サラリーマンでも法人化をして節税する方法」で仮想通貨で法人化に興味がある人はオススメの記事です。

 

万が一返済できないような大赤字になってしまったら、【自己破産】という選択肢もある

もし仮想通貨投資で多額の借金を背負ってしまったら、自己破産という選択肢があるのも覚えておきましょう。

自己破産が成立すれば借金がチャラになるので、今後の選択肢の一つとして以下の関連記事を確認しておくことで、いざという時の対応が変わってきます。

もちろん、仮想通貨投資は借金をしてやるような投資ではないので、そこさえ守っておけば自己破産になるということはありえません。

関連記事>>ビットコインなど仮想通貨投資の借金は債務整理で自己破産を選択しよう

 

リップル(XRP)の適正価格はいくらか?

リップル(XRP)だけではなく、仮想通貨全体に言えることですが、適正価格というものを知るということは不可能に近いです。

そのため、現在の適正価格を知るよりは、「将来の可能性」に投資をしましょう。

仮想通貨リップルの価格は期待値が先行して上昇している

適正価格だと思っていた金額よりも下がってしまうと、売りに走って損をしてしまう可能性が非常に高いですからね。

自分でリップルについて正しい知識をつけて、リップルに投資をすることが大事です!

以下の関連記事では、リップルが5,000円を超える予想と根拠が書いてあるので、今後のリップル投資の参考にしてみてください。

関連記事>>仮想通貨リップル今後の価格は5,000円!?将来性を予想!

 

2018年はリップルのような、本物の仮想通貨しか残らない

2017年はどんな仮想通貨を購入しても誰もが利益を簡単に上げられる相場でした。

しかし、2018年は実際に利用される仮想通貨のみが価格を上げて、それ以外の仮想通貨は極端に価格を落とすことになるでしょう。

裏を返せば、今後活用される仮想通貨は更に勢いを増して金額が伸びるということでもあります。

リップルだけではなく、仮想通貨全体の価格が下落はしたが…

未来の仮想通貨の価格は高騰しているかもしれない

リップルは着実に提携企業を増やし、実用化に向けて前進をしています。

そのため、短期的な暴落で売却をしてしまうのは、長期的に見たら「あの時売らなければ良かった」となると思います。

短期的な価格の上下でリップルを評価するのではなく、3年、5年単位の長期的な目線で投資が必要です。

だからこそ、リップルに関する正しい知識や、情報収集は日頃からしておくことでリップルの状況がどのようになっているのか知れるのでオススメです。

関連記事>>>リップル最新ニュースまとめ

 

リップルへ投資をするなら【投資金額】と【損切り】のルールだけは決めた方がいい理由

急激な価格変化でも精神的な安定感は貯金全額投資している人に比べて余裕が違います。

関連記事では、初心者向けに具体的な投資金額と損切りのルールの決め方を説明しているので、よかったら見てくださいね。

関連記事>>仮想通貨を始めるなら投資金額と損切りのルールだけは決めたほうがいい理由

 

気軽に登録できるからこそ、手数料で損をしてしまう取引所選び

取引所選びは適当に選ぶと損をする

じつは仮想通貨の取引所は、登録や口座費用など一切無料で気軽に登録ができます。

しかし、気軽に登録できるぶん、中身を確認しないで登録してしまうと、手数料の高さなどで損してしまう可能性が高いです。

さまざまな取引所の中で一番のオススメは「GMOコイン」で、登録も3分程度で簡単にできるのも嬉しいポイント。

 

リップル(XRP)を買うならGMOコインがオススメの理由

GMOコイン

以前はコインチェックをオススメしていましたが、ネムの流出事件が発生したので、セキュリティを優先している企業のGMOコインがオススメです。

仮想通貨取引所選びの3つのポイント

GMOコインは仮想通貨取引所としては珍しく、グループ会社が上場企業なので、これらの3つのポイントをすべて抑えてる点が高く評価されいています。

GMOコインは主要5種類の仮想通貨の取扱がされているから、分散投資もできるメリットも。

GMOコインの取扱仮想通貨の種類。リップル・ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュ

他にも今まで投資経験が0の初心者でも、わかりやすくシンプルにWebサイトやアプリの画面になっているので、迷わずに仮想通貨の購入まですることができます。

登録や口座維持費用は無料なので、登録へのハードルはほとんど無いので、初心者にも優しい取引所です。

関連記事>>>GMOコインがリップル(XRP)の取引所として評判が上がってきている理由

 

GMOコインの注意点

マネーロンダリング防止の観点から本人確認書類の提出が義務付けられています。

すぐにリップルに投資をしたいと思って、GMOコインに無料登録して本人確認書類をWebでアップロードしても、アップロード後に送られてくる書留のハガキを受取るまでは取引ができません。

GMOコインの本人確認書類は早めに提出したほうが良い

買いたいタイミングで買えないのは大きな機会損失になってしまうので、興味がある人は少しでも早く無料登録と本人確認書類のアップロードをしておきましょう。

GMOコイン公式サイトを見る

 

また、関連記事では、リップル取扱の仮想通貨取引所を比較しているので、取引所選びの参考にしてみてくださいね。

関連記事>>リップル(XRP)オススメ日本国内の取引所を徹底比較

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。