1. ホーム
  2. リップルオススメの取引所
  3. ≫リップル(XRP)をビットフライヤーで購入する方法

リップル(XRP)をビットフライヤーで購入する方法

1年で500倍の価格になったリップルですが、最近少しずつ注目度が高くなり、今まで投資をしたことがない初心者の方で仮想通貨のリップル(XRP)をビットフライヤーで買おうとしている人も多いと思います。

そこで、リップルをビットフライヤーで購入する方法を初心者にも分かりやすく解説をします。

リップル(XRP)はビットフライヤーで取扱いがないから購入できない

結論から言うと、リップルはビットフライヤーで取扱がないため、購入することが出来できません。リップルを買うためには、リップルを取扱っている取引所で買う必要があります。

ビットフライヤーで今後、新たにリップルが上場をする可能性は0ではないので、そのようになればリップルをビットフライヤーで購入することもできますが、現状リップルを購入するためには、GMOコインという日本の大手取引所で買う必要があります。
GMOコイン公式サイトを見る

 

DMMビットコインでのリップル購入をオススメできない理由

他のサイトでリップルの購入ならDMMビットコインがオススメと紹介されていますがちょっと待ってください。
なぜなら、DMMビットコインでリップルを購入すると、レバレッジ取引ができないため、価格が暴落をするとロスカットと呼ばれるシステムにより強制的にリップルを売却されてしまいます。

また、レバレッジ取引は中級者以上の人にオススメの取引方法なので、初心者がレバレッジ取引を行うと最悪借金を背負う可能性もあります。

そのため、長期投資に向いているリップルは、価格が暴落しても上昇を長期的には上昇すると思っている人にはDMMビットコインでの取引はオススメできません。
リップルを価格の上がり下がりに関係なく、長期的に保有をしていたい人は、現物取引ができるGMOコインがオススメです。

もちろん、レバレッジ取引のメリットもあり、価格が下落をしていたら、売りから入ることができるので、下げ相場でも利益を出すことが可能です。

リップルなどのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引をしたい場合は、DMMビットコインなら多くのアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

リップル(XRP)が購入できて、初心者にもオススメできるGMOコイン

GMOコインはリップルを含めた5種類もの仮想通貨を取扱っているので、仮想通貨の投資で重要な分散投資にも対応しています。

また、GMOコインは他の取引所に比べ、仮想通貨投資を全くしたことがない初心者でも、直感的に使える取引画面をWEBサイトとアプリのどちらかで使えるので、初心者にも人気が高い日本の取引所です。

もちろん、初心者だけではなく5種類の仮想通貨を売買できるGMOコインは、ビットコインに何千万円と投資をしている上級者にも愛用されている取引所なので、GMOコインにさえ登録をしておけば、幅広い仮想通貨投資が可能になります。

関連記事>>>GMOコインがリップル(XRP)の取引所として評判が上がってきている理由

 

GMOコインで買える仮想通貨の6種類の内訳

仮想通貨は細かいものを合わせると1000種類以上あると言われているので、これでもまだまだ少ないくらいです。

GMOコインでは国内の取引所の中でも多くの種類の仮想通貨を取扱っています。

  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

聞いたことが無い仮想通貨もあるかもしれませんが、仮想通貨のなかでも比較的時価総額が大きいアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。

関連記事>>>リップルとその他の仮想通貨比較

 

サポートの質が高い

実際に何度かサポートに分からない点を質問をしたことがありますが、国内の取引所の中でも、GMOコインはサポートの質が高く、答えた質問にも比較的早いレスポンスで返してくれます。

仮想通貨を初めて行う初心者の方は、分からないことは必ず出てくると思いますが、GMOコインなら安心して仮想通貨投資を始められると思います。

 

GMOコインの特徴まとめ

  • 投資初心者でも簡単にリップルが購入できる
  • 取扱い仮想通貨が豊富
  • サポートの回答が比較的早く親切

 

リップルを買うために必要なこと

GMOコインへの無料登録は3分ほどでできてしまうので、非常に簡単に口座開設をすることが可能です。

しかし、注意をしたいのは、本人確認書類をWEB上でアップロードをしないけないので、今すぐリップルに投資をしたい人は無料登録をして本人確認書類をアップロードしておきましょう。

今すぐ仮想通貨へ投資をしない人も、興味があれば口座開設費用も口座維持費用も無料なので、とりあえず口座を作って本人確認書類だけ提出しておいて、買いタイミングで買える体制を作っておくことをオススメします。
GMOコイン公式サイトを見る

 

リップルの特徴やニュース

リップルは手数料が高く、送金まで数日掛かる国際送金を、手数料を安く、送金まで約3秒の高速送金の新しい方法として開発されました。

GoogleやSBIなどが出資をしたことでも話題となり、現在は世界の大手銀行や日本の61の銀行と送金実験をしており、実用化に向けて着実に進んでいる仮想通貨の一つですl

最近では、アメリカの大手取引所のコインベースへの上場や、世界的に誰もがしる企業2者との提携も噂がされており、今後も価格上昇の予想がされています。

また、以下の関連記事ではリップルの最新情報から昔のニュースまで、リップルに関するさまざまなニュースを書いているので、リップルの動きの参考にしてみてください。

関連記事>>>【随時更新】リップル(XRP)世界での最新ニュース時系列まとめ

関連記事>>>【2018年】仮想通貨リップルの今後の展開と将来価格を予想してみる

 

GMOコインの口座開設したら入金をする

GMOコインの口座を開設してリップルなどの仮想通貨を購入するには、GMOコイン口座へ入金をする必要があります。

クレジット決済は手数料が高いので、必ず銀行振込を選択して入金をするようにしましょう。ログイン後に表示される振込先へ入金を行います。

休日の場合は銀行自体の送金が止まっているため、平日にならないとGMOコインへの送金ができないので、平日に入金を済ませておくとスムーズに購入することができます。

 

入金後に仮想通貨を買う

GMOコインへの入金ができたら、5種類ある仮想通貨を選んで数量を指定して購入をクリックすれば終了です。

入金額に応じて数量も自動で計算をしてくれるので、入金した額を買う人は入金が済んでいれば10秒位でリップルなどの仮想通貨を買うことが出来ます。

ネットバンクで手数料を安く入金する

ネットバンク以外でも入金はできますが、ネットバンクを使えば手数料が安かったり無料になるものも多いので、ネットバンクを持っているならネットバンクから送金をするようにしましょう。

住信SBIネット銀行は対応している取引所の多いので、住信SBIネット銀行を持っている人は積極的に活用していきましょう。

 

仮想通貨投資への参加は早い方がいい

ビットコインは最初1BTC1ドルにも満たなかった価値が、1BTC100万を超える価値になりました。

短期的には大きく価値が上下していますが、長期的には確実に右肩上がりになっているのが分かります。

そのため、仮想通貨投資は1日でも早いほうが有利であるということは間違いありません。

 

特にリップルは日本だけではなく世界の主要銀行でも採用に動きが広がっているので、銀行がリップルの導入を進めたら爆発的に広がりを見せる可能性を秘めている仮想通貨です。

現在はビットコインやイーサリアムに次ぐ時価総額3位の仮想通貨ですが、今後の伸びしろが期待できる仮想通貨でもあります
GMOコイン公式サイトを見る

 リップル(XRP)がビットフライヤーに上場する噂があった

2018年1月にビットフライヤーでアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)で新規上場する予定があるというニュースがあり、リップルがビットフライヤーで新規上場するのではないか?という噂がありました。

噂になった理由としては、ビットフライヤーに出資をしている会社に、リップルを推進しているSBIホールディングスがあり、その影響でリップルが新規上場するという噂がたったようです。

実際は、リスク(LISK)と呼ばれる仮想通貨が上場をしたので、リップルがビットフライヤーに上場することはありませんでした。

ただし、今後も取扱仮想通貨は増えていくと思うので、いつかリップルがビットフライヤーに上場する可能性もあります。

 

 ビットフライヤーについて

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーは、三井住友銀行グループ、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、リクルート、SBIなど、日本の大企業が出資をしている大手取引所です。

ビットフライヤーでは、利用者数、取引量、資本金などが業界一番で、日本で唯一アメリカでも仮想通貨取引所を開設している会社です。

 

ビットフライヤーの取扱い仮想通貨

ビットフライヤーではビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインを購入することができます。

GMOコインで買えなくて、ビットフライヤーで買える唯一の仮想通貨は「イーサリアムクラシック」のみなので、モナコインを投資したい人はビットフライヤーで、それ以外のビットコイン、リップル、イーサリアムなど主要の仮想通貨に投資をしたい人はGMOコインを選びましょう。

 

登録自体は無料なので登録しておくと便利

ビットフライヤーもビットバンクも登録自体は無料なので、とりあえず口座開設をしておくことで、一番有利な取引所で仮想通貨を売買することができます。

そのため、取引をする予定がない人でも、国内の主要な取引所である、コインチェック、ビットフライヤー、ザイフなどの取引所はとりあえず登録をしておいた方がいいでしょう。
GMOコイン公式サイトを見る

 

リップルを購入できる国内取引所

コインチェックの事件以降、1つの取引所だけ持っておくことは非常にリスクが高いという認識になり、複数の取引所を開設する人が激増しました。

売買停止や資産凍結のリスクなど、1つの取引所のみでの取引は非常にリスクがたかいので、なるべく複数取引所を開設をしてリスクを分散させましょう。

リップルの取扱い仮想通貨取引所は少ないので、なるべく多くの取引所を登録しておきましょう。

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。