1. ホーム
  2. リップルのはじめ方
  3. ≫【親の説得方法も伝授】未成年や高校生(18歳以下)のオススメ仮想通貨取引所の口座開設の仕方

【親の説得方法も伝授】未成年や高校生(18歳以下)のオススメ仮想通貨取引所の口座開設の仕方

「未成年だけど仮想通貨買いたいけど登録できるの?」
「高校生だけど、将来的に価格が上がりするかもしれないし、勉強も兼ねて仮想通貨を買いたい!」

今や仮想通貨投資を始めようとしているのは、20代や30代だけではなく高校生や大学生などの未成年の方が、1億円以上の利益をだす「億り人」に憧れて仮想通貨投資をしたいと思っている人は多いようです。

しかし、国内の取引所は20歳以上ではないと登録できない取引所も多く、いったいどの仮想通貨取引所に登録をすればいいのかわからない未成年の方が多いみたいです。
そこで、国内の主要取引所の中から高校生や大学生など未成年や18歳以下でも登録できる、オススメの仮想通貨取引所をご紹介しますね。

高校生や大学生、18歳以下の未成年でも仮想通貨取引所の口座解説はできる

高校生や大学生、18歳以下の未成年でも仮想通貨取引所への口座開設できます。
しかし、未成年でも登録できる取引所でも、親(保護者)の同意書を提出する必要があるので、親が仮想通貨に前向きではない場合、前もって親を説得する必要があります。

そこで、親の説得の仕方を解説していきますね。

 

仮想通貨を始める時の親の説得方法

親世代は仮想通貨にネガティブなイメージをもっていることも多く、大半は仮想通貨への知識不足からくる否定です。
正しい知識を教えようとしても、「子供が考えていることだから何も考えていない」という風に考える人も多いと思います。

仮想通貨を始める際の親の説得方法

親にはしっかり自分自身で考えて仮想通貨投資を始めたいという「熱意」をアピールすることで、「この子なりにしっかり考えてるんだな」と思わせることが重要です。
親の説得の一例を載せるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

自分がしっかり調べた仮想通貨の将来に投資をしたい

投資をする仮想通貨についてしっかりと調べて、その仮想通貨の将来性に投資をしてみたいと伝えましょう。
誰かが儲かるから仮想通貨投資を始めたいという理由では、親に反対される可能性は高いので、自分がしっかりと調べた仮想通貨に投資をしたいとアピールしてみましょう。
その際の投資する仮想通貨を選んだ理由も伝えると効果的だと思います。

たとえば、リップルに投資をしたい場合の説得方法は、

「世界の国際送金にリップルは使われようとしていて、日本ではSBIホールディングスが中心となって、リップルの活用に向けて動き出しているんだよ」

そして、次に日経新聞にリップルが取り上げられている記事を親に見せてみましょう。

「日経新聞でリップルが活用される可能性が高いと取り上げられていて、リップルは将来性の高い仮想通貨だよ」

>>>仮想通貨リップル、時価総額2位に 送金での活用に期待

こんな風に、親の知っているような「SBIホールディングス」や「日経新聞に取り上げられた」なども伝えることで、より親はその仮想通貨投資なら大丈夫かも?と思わせることが大切です。

今回はリップルを例にして書きましたが、他の仮想通貨でも理論的に「この仮想通貨への投資は正しい」といういこを説明してみましょう。

 

仮想通貨投資は1000円からでも可能で、支払ったお金以上にマイナスになることはない

レバレッジ取引は口座にあるお金以上に投資ができるので、マイナスになると借金担ってしまうことがありますが、通常のビットコインやリップルなどの現物を購入するなら大丈夫です。

毎月お小遣いやバイト代などの金額でやりくりして投資をするということを伝えましょう。

 

いくらから仮想通貨を始めるか

1,000円から購入が可能な仮想通貨なので、自分のお小遣いや貯金の範囲で将来性のある仮想通貨への投資を始めてみましょう。

その際に大事なのは、一気に全ての仮想通貨に投資をするのではなく、仮想通貨の大きな変動に慣れることが大事です。

仮想通貨の投資金額の決め方

最初から10万円単位で投資をしてしまうと、10万円が半分になったら5万円の大きな損になってしまいますが、1万円が半分になっても5千円の損ですみます。

最初は0円になってもいい金額からはじめてみて、仮想通貨の相場に慣れたら追加で投資をしていくほうがいいと思いますよ。

 

利益確定は注意が必要

まだ未成年だと親の扶養に入っていると思うので、年間所得が38万円を超えてしまうと確定申告をして、自分で税金を支払う必要が出てきます。

利益確定とされるのは以下のタイミングです

  • 仮想通貨を日本円などの現金に交換した
  • A仮想通貨をB仮想通貨に交換をした

仮想通貨を現金化をした際の購入した金額から、交換した金額を差し引きしてプラスなら利益となり、仮想通貨同士を交換した場合も、その差額が利益や損失となります。

 

利益が38万円以上あるのに確定申告をしないと無申告となり、ペナルティがあるので注意してください。

利益に対して税金がどのくらいかかるか、他にも節税方法なども以下の記事を参考にしてみてください。

>>>【税金】仮想通貨投資は利益が出ても会社や税務署にバレないって本当?

 

未成年でも口座開設できるオススメ仮想通貨取引所

リップル以外の多くの仮想通貨に投資をしたい場合は「ビットフライヤー」がオススメ

ビットフライヤーでは以下の7種類の仮想通貨に投資をすることができます。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • モナーコイン
  • リスク

モナコインやリスクは他の取引所でも取り扱いが少ない仮想通貨の取扱があるため、珍しい仮想通貨に投資をしたい人はビットフライヤーがオススメです。

>>>【公式サイト】ビットフライヤー

 

リップルに投資をしたい場合は「ビットバンク」

リップルに投資をしたい人は「ビットバンク」がオススメです。

ビットバンクでは6種類の仮想通貨の取扱があります。

  • リップル
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • モナーコイン

>>>【公式サイト】ビットバンク

 

また、以下のリンクはリップルの今後について予想をしている記事になっているので、リップルに投資をしてみたいと思う方は参考にしてみてくださいね。

>>>【2018年】仮想通貨リップルの今後の価格と将来性を予想してみる

 

未成年の登録の仕方

ビットフライヤーの登録の仕方

提出書類は2点

  • 保護者の承諾書
  • 保護者の顔写真付本人確認資料

上記2点をビットフライヤー宛に郵送する必要があります。

 

ビットバンクの登録の仕方

本人確認書類のほか、保護者の方直筆の委任状(書式自由)及び、保護者の方との関係を証明する書類(健康保険証、住民票など)をアップロードください。

  • 本人確認書類
  • 保護者の直筆の委任状
  • 保護者との関係を証明する書類(健康保険証・住民票など)

この3点をアップロードする必要があります。

ビットバンクではビットフライヤーと違い、委任状をダウンロードすることができず、自分で作成する必要があるので、ビットフライヤーの「保護者の承諾書」を参考に作成をしましょう。

 

未成年の口座開設の審査について

基本的には提出書類を不備なく提出すれば仮想通貨取引所の口座開設は可能です。

しかし、書類に怪しい点があったり、以前に登録したことがある場合などは口座開設ができない場合があります。

仮想通貨の審査

口座登録ができない場合は理由を教えてくれないこともあるので、登録できない場合は他の取引所に登録してみることをオススメします。

また、のちのちトラブルになってしまう可能性もあるので、自分で保護者の承諾書などを書いたりすることは絶対に止めましょう。

 

借金になる可能性のあるレバレッジ取引は使わない

レバレッジ取引とは自分の持っている金額以上に仮想通貨を購入できる取引のことで、国内の取引所では5倍のレバレッジをかけることができます。

たとえば、レバレッジ取引5倍なら、1万円で5万円の取引ができますが、仮想通貨の下落をしてしまうと、4万円分の損失になってしまい取引所に4万円を払う必要がでてきます。

そのため、自分の持っている金額以上に仮想通貨を購入できるのでマイナスになり返済ができなくなってしまう可能性が出てくるので、未成年はレバレッジ取引をしないようにしてください。

 

分散投資や毎月一定額の投資方法はオススメ

一つの仮想通貨に投資するのではなく、複数の仮想通貨に分散投資をすることで、リスクも分散させることができます。

また、大きな金額を一度に投資をするより、ドルコスト平均法といい、毎月一定額を投資する方法は株式投資では一般的で、こちらもリスクを減らすことができます。

以下のリンクでは、投資金額の損切りのルールの決め方です。
高校生なので、投資金額は限られたものになるかもしれませんが、損切りのルールは金額に関わらず大切な考えです。

これから仮想通貨投資を始めるなら、必ず知ってほしい仮想通貨投資のルールの決め方を紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

>>仮想通貨を始めるなら投資金額と損切りのルールだけは決めたほうがいい理由

 

仮想通貨投資の意外なデメリット

想像以上に価格の上下が気になって仕方なくなる

大切な資産を仮想通貨に投資をするので、価格が大きく上昇している時でも、大きく下落をしてしまった時でも気になるので、慣れるまで精神的に不安定になってしまうことも…

そのため、必ず最初は少額の投資から始めてくださいね。

 

怪しい投資で騙されるかもしれない

スキャムと呼ばれる詐欺仮想通貨が多くあり、「将来的に1000倍になるから今投資しないと損!」なんて言われている仮想通貨はほぼ100%詐欺だと思ってください。

また、ICOと呼ばれる仮想通貨での資金調達でも詐欺が横行しているので、しっかりとした企業のICO以外には投資をするのは危険です。

リップル情報拡散のためにシェアをお願いします。